東京大学災害・復興知連携研究機構 第1回公開研究会

論題:関東大震災の真相 —— 研究30年の成果から
講師:武村雅之(名古屋大学減災連携研究センター特任教授)

 今年は関東大震災から99年になります。下記の通り、東京大学情報学環総合防災情報研究センターの共催で、東京大学災害・復興知連携研究機構第1回公開研究会を開催いたします。関東大震災に関して、震源から被害・復興に至るまで幅広く調査・研究をなされている武村雅之先生をお迎えし、関東大震災研究についてお話しいただこうと思います。

​​​​      

 公開とさせていただきますので、東京大学の教員や学生、またご関心のある皆様に、できるだけ多くの皆様にご参加いただければと思います。コロナ感染拡大を鑑み、会場と人数の関係で対面での参加についてはご希望に添えない可能性もありますことご了解ください。


東京大学災害・復興知連携研究機構 第1回 公開研究会
論題:関東大震災の真相 —— 研究30年の成果から
講師:武村雅之(名古屋大学減災連携研究センター特任教授)
日時:8月16日(火)15:00~18:00(14:30 受付開始)
場所:東京大学大学院理学系研究科・理学部(1号館)小柴ホール
    https://www.s.u-tokyo.ac.jp/ja/map/map01.html
    ※ ハイブリッド開催ですので、オンライン参加も可能です
共催:東京大学災害・復興知連携研究機構
   東京大学情報学環総合防災情報研究センター

​​​​​・会場定員の関係上、参加の可否につきまして、下記のフォー ムにご記入ください
 (8月10日締切。人数余裕があればそれ以降も登録可能です)。
    https://forms.gle/uHkdXB4UfDmJNKEd8

・なお関東大震災をテーマとし、10/12(水)、12/14(水)にも公開研究会を予定しています。

問合せ先:東京大学情報学環総合防災情報研究センター
    cidir@iii.u-tokyo.ac.jp / 03-5841-5924


​​​