メンバーの研究発表

東京大学 大学院情報学環 総合防災情報研究センター

cidir_logo2012.jpgcidir_logo2012.jpgcidir_2012gmanu00.jpgcidir_2012gmanu01.jpgcidir_2012gmanu01.jpgcidir_2012gmanu02.jpgcidir_2012gmanu02.jpgcidir_2012gmanu03.jpgcidir_2012gmanu03.jpgcidir_2012gmanu04.jpgcidir_2012gmanu04.jpg

HOME > 東北地方太平洋沖地震特集 > メンバーの研究発表

bil_earthq01.jpg

midasi_happyo.jpg

■東京大学の学内ネットワークによる緊急地震速報の提供を開始しました。


■田中淳センター長、関谷直也客員研究員(東洋大学社会学部准教授)、地引泰人特任助教が、「2011年3月東北地方太平洋沖地震アンケート調査」を実施しました。


■田中淳センター長が「2011年東北地方太平洋沖地震における北海道道民の避難行動」の分析結果をまとめました。

※この調査は文部科学省科学研究費補助金(特別研究促進費:研究科題名「2011年東北地方太平洋沖地震に関する総合調査」)の一部として実施されました。


■田中淳センター長が今回の震災について「今やること、注意が必要なこと」を時系列で整理しました。


■田中淳センター長が東京大学地震研究所の談話会で発表しました。
(発表日:2011年3月18日 第892回談話会)
タイトル:2011年東北地方太平洋沖地震の災害と災害情報の課題 -点の情報から面の情報へ-


■前田拓人特任研究員が東京大学地震研究所の談話会で発表しました。
(発表日:2011年3月18日 第892回談話会)
タイトル:2011年太平洋沖地震で観測された顕著な海底津波記録とその解釈