newsletter37号テキスト6

東京大学 大学院情報学環 総合防災情報研究センター

cidir_logo2012.jpgcidir_logo2012.jpgcidir_2012gmanu00.jpgcidir_2012gmanu01.jpgcidir_2012gmanu01.jpgcidir_2012gmanu02.jpgcidir_2012gmanu02.jpgcidir_2012gmanu03.jpgcidir_2012gmanu03.jpgcidir_2012gmanu04.jpgcidir_2012gmanu04.jpg

HOME > 刊行物のご案内 > nl37テキスト版p.06

newslettertitle.jpg

編集後記


 本号では、カスリーン台風から何を学び、どう評価するのかをテーマとした。当時から社会状況が変わり、どのような事前の準備を行い被害抑止・軽減を図るのか、効果的な事後の対応を行うためにはどのような準備を行うのかを考える機会とした。
カスリーン台風から70年が経過した今、改めてその特徴を学ぶことで、次の台風への備えをしていきたい。

(沼田)