newsletter23号テキスト6

東京大学 大学院情報学環 総合防災情報研究センター

cidir_logo2012.jpgcidir_logo2012.jpgcidir_2012gmanu00.jpgcidir_2012gmanu01.jpgcidir_2012gmanu01.jpgcidir_2012gmanu02.jpgcidir_2012gmanu02.jpgcidir_2012gmanu03.jpgcidir_2012gmanu03.jpgcidir_2012gmanu04.jpgcidir_2012gmanu04.jpg

HOME > 刊行物のご案内 > nl23テキスト版p.06

newslettertitle.jpg

防災コラム

ボホール島を訪ねて

 フィリピンのセブ島の現地ツアーで人気なのが、ボホール島1日観光である。年末に家族でセブ島に滞在しボホール島観光をしてきた。

 フィリピンと言えば、昨年11月8日に上陸した台風30号(Haiyan)の甚大な被害を思い出すが、そのわずか約3週間前の10月15日午前8時12分頃(現地時間)に、ボホール島でM7.2の直下型地震が発生し死者222名の被害があったのである。セブ島は台風も地震も影響はほとんどなく、ボホール島も台風の影響はほとんどなかったが、地震によりレンガ積みの古い教会などが軒並み崩れていた。

 島の道路も復旧工事で一方通行が多く、目的地までは通常の倍の時間がかかっていた。島の中心にあるチョコレートヒルズの展望台も地震で損壊したままであったが、多くの観光客でにぎわっていた。現地のガイドさんは、「観光客が来てくれないと島の人々の生活が困るので、皆さん来てくれてありがとう!」と話していた。多くの民家は屋根が軽くて被害も軽かったせいか、被災地といっても悲壮感はあまりなく、有名な教会も壊れたままの姿で観光客のシャッターをあびていた。

 セブ島からボホール島までの約2時間の船の指定席はお客でほぼ満杯で、わが家族もほんの少しだがボホール島の人々への応援ができたかな、という想いのした1日であった。

(鷹野 澄)

nl2306.jpg
損壊した展望台から眺めたチョコレートヒルズ