主要な研究活動

東京大学 大学院情報学環 総合防災情報研究センター

cidir_logo2012.jpgcidir_logo2012.jpgcidir_2012gmanu00.jpgcidir_2012gmanu01.jpgcidir_2012gmanu01.jpgcidir_2012gmanu02.jpgcidir_2012gmanu02.jpgcidir_2012gmanu03.jpgcidir_2012gmanu03.jpgcidir_2012gmanu04.jpgcidir_2012gmanu04.jpg

HOME > 研究活動 > 主要な研究活動

newslettertitle.jpg

主要な研究活動

1. 災害情報の生産-伝達-受容過程の解明

緊急地震速報、予警報、避難勧告・指示、ハザードマップなど災害情報の生産から伝達、受容に至る全過程を解明し、その科学的知見に基づく適切な災害情報のあり方を探求しています。

2. 首都直下地震災害の全体像の把握
 危惧される首都直下地震を対象に、物的被害から経済的影響、社会的影響へと研究を拡大し、首都直下地震の被害の全体像を科学的に探求しています。未開拓の研究課題や社会的課題を発掘し、減災に貢献します。

3. 大学SCM(Service Continuity Management)モデルの開発
 将来を担う学生や研究者など大学の人的資源を守り、災害後も大学の社会的使命を果たし続けるための大学サービス継続マネージメントモデルを、大学本部と連携しつつ開発し、情報発信していきます。

4. 防災制度の設計と運用に関する研究
 地震災害・風水害・火山災害などを対象に、事前の被害抑止や軽減策、発災後の円滑な応急対策、復旧・復興すべてのステージを俯瞰した防災制度の設計と運用に関する研究を進め、社会に提言しています。

5. 災害情報教育の実施とプログラム開発
 大学院学際情報学府の教育課程に総合防災情報の専門家養成に向けた『災害情報論』を平成21年度から開講し、将来的には全学横断型科目への展開を目指します。社会との連携のひとつとしてライフライン・マスコミ連携講座を開催しています。


主な研究プロジェクト

・緊急地震速報の利用実態に関する調査
・水害時の適切な避難につながる情報提供のあり方に関する研究
・災害緊急情報を活用した大学防災情報システムの開発
・南海トラフ巨大地震による被害の全貌と災害軽減に向けた理工社会学連携研究
・地震災害軽減を目指したIT強震計と総合防災情報システムの開発