受賞

東京大学 大学院情報学環 総合防災情報研究センター

cidir_logo2012.jpgcidir_logo2012.jpgcidir_2012gmanu00.jpgcidir_2012gmanu01.jpgcidir_2012gmanu01.jpgcidir_2012gmanu02.jpgcidir_2012gmanu02.jpgcidir_2012gmanu03.jpgcidir_2012gmanu03.jpgcidir_2012gmanu04.jpgcidir_2012gmanu04.jpg

HOME > 研究活動 > 受賞

newslettertitle.jpg

【受賞】田中淳 情報学環総合防災情報研究センター長・教授が「平成28年防災功労者総理大臣表彰」を受賞

 田中淳教授(情報学環総合防災情報研究センター長)が、平成27年防災功労者内閣総理大臣表彰を受賞いたしました。

 「防災功労者内閣総理大臣表彰」とは、『「防災の日」及び「防災週間」について』(昭和 57 年 5 月11日閣議了解)に基づき、日ごろから防災に関し、防災思想の普及又は防災体制の整備に尽力し、あるいは災害時における防災活動に顕著な功績のあった個人又は団体を内閣府が表彰するもので、「防災週間」における各種行事の一環としてされているものです。

 受賞理由は以下の通りです。

『 同氏は、災害情報分野の第一人者であり、特に災害情報提供や避難行動分野の知見において、優れた成果を残しており、幅広い知見を踏まえ、防災行政へ有用な提言を行うなど、防災体制の整備に対する貢献度は絶大である。
 研究活動においては、地震情報の利活用の高度化や災害情報提供のユニバーサル化、首都直下地震による被害の解明のほか、災害時の避難行動といったテーマで学術的に極めて高い成果を挙げており、これは防災行政においても多大な影響をもたらしている。加えて、日本災害情報学会会長などを務めた実績があり、災害情報分野における貢献は極めて大きい。
 防災行政においては、中央防災会議「大規模水害対策に関する専門調査会」委員、「火山情報等に対応した火山防災対策検討会」座長をはじめ、中央防災会議「地方都市等における地震防災のあり方に関する専門調査会」座長代理、中央防災会議防災対策実行会議「水害時の避難・応急対策検討ワーキンググループ」の主査等を務め、数多くの有用な提言を行うなど、災害情報の専門家として幅広く活躍しており、防災行政における貢献度は絶大である。』



 東京大学大学院情報学環は、旧新聞研究所時代の「災害と情報」研究班以来、40年にわたり災害情報分野における国内随一の研究機関です。その流れを汲み、2008年に情報学環、地震研究所、生産技術研究所3部局の連携により、総合防災情報研究センターが設立されました。田中淳教授は設立以降、センター長を務めております。
 また、田中淳教授は東京大学環境安全本部防火防災部長を兼任し、全学の防災対策も担っております。

 なお「災害情報分野」での防災功労者内閣総理大臣表彰は初となります。