CIDIRのミッション

東京大学 大学院情報学環 総合防災情報研究センター

cidir_logo2012.jpgcidir_logo2012.jpgcidir_2012gmanu00.jpgcidir_2012gmanu01.jpgcidir_2012gmanu01.jpgcidir_2012gmanu02.jpgcidir_2012gmanu02.jpgcidir_2012gmanu03.jpgcidir_2012gmanu03.jpgcidir_2012gmanu04.jpgcidir_2012gmanu04.jpg

HOME > CIDIRとは > CIDIRのミッション

CIDIRとは

CIDIRのミッション

総合防災情報研究センター(CIDIR)は、東京大学大学院情報学環、地震研究所、生産技術研究所3部局の連携により、平成20年4月1日に設立されました。「情報」を核に「減災」をめざす、これがCIDIRに課せられたミッションです。

気候変動の影響による巨大台風の発生増加や、地震活動期への移行の可能性が懸念されています。予想される大規模な自然災害による被害を軽減するうえで、災害危険度の評価や予測とその周知、災害からの避難、応急対策の調整、復旧・復興における合意形成など、防災・減災のすべての段階で、「情報」が果たす役割はますます高まってきています。

しかし、「情報」を核に「減災」をめざすには、予知・予測から、災害軽減技術、情報受容プロセスまで、すべての叡智を集め、協働することが求められます。

CIDIRは、まさに情報の概念を核とした文理融合型の総合的な防災研究機関として誕生しました。防災・減災における知の結節点として機能する新しいタイプの研究機関を目指し、次の3つの連携による研究を進め、課されたミッションを果たしていきます。

 (1) 社会情報学、地震火山学、防災工学の分野を超えた協働による総合的防災情報研究の推進
 (2) 理学、工学、法学、経済学、医学など様々な防災関係分野の研究者ネットワークの構築
 (3) 行政、マスコミ、企業、NPOなど社会との連携と情報発信

センター長 田中 淳

cidir_chart